高層ビル

金融資産への投資だけではなく、不動産投資に関心を持つ人が増加しています。
その一つに賃貸マンションへの投資がありますが、マンションの一室ではなく、一棟売りマンションに投資するケースがあります。
一棟売りマンションの場合には価格も高くなりますので、借入を利用する人もいます。
不動産投資の融資は銀行などの金融機関よりも不動産担保ローンを扱うローン会社の方が柔軟に対応します。
それでも、融資の審査において重視する点がありますので、そのような事項に注意しながら、一棟売りマンションの購入を検討しなければなりません。
ローン会社は担保が融資金額を上回っていることを前提に融資をします。
融資する時点の時価よりも相場の下落を考慮して担保評価をします。
賃貸マンションの場合には、収益還元価格での評価になりますが、路線価や公示価格も参考にします。
一棟売りマンションへの投資では、借入を使うにしても一定の金額の自己資金を投入することが必要になります。
自己資金がなければ融資は受けられません。
そして、賃料が下がったり、入居率が下がったりした場合であっても、返済が困らないように返済計画を立てなければなりません。
サブリースは有効な方法の一つであって、大手の不動産会社に一括して賃貸することで安定家賃が得られます。
しかし、高利回りを得たいのであれば、サブリースは利用しないで、信頼できる不動産管理会社を利用する方法もあります。
入居者の募集、契約締結、退去の際の原状回復工事の手配から入居者間のトラブル対応までを引き受けてくれる管理会社を使うことによって、管理費はかかりますが、管理の手間がなくなって、サブリースよりも高い利回りを期待できる場合もあります。
一棟売りマンションは魅力的な投資ではありますが、全額を自己資金で賄うことは難しく、利息を含めた返済負担も少なくありませんので、資金計画と返済計画をしっかり立案してから実行する必要があります。

オススメリンク

駐車場があるビル

利回りの違い

一棟売りマンションなどの収益物件を購入する場合は、利回りが購入判断のポイントになりますが、利回りを見る場合には、表面利回り(年間収入家賃 ÷ 購入価格)だけではなく、実質利回りに注視する必要があります。
実質利回りとは、年間収入家賃から固定資産税、管理費などの経費を差し引いいた実質収…Read more

都会

物件探しの工夫

経験を問わずに不動産を購入して資産運用を行うときには、長期投資に徹することが重要です。
特に一棟売りマンションへの投資を行う場合には、10年以上のタイムスパンで運用方針を考えることがポイントです。
そのためには不動産情報サイトで一棟売りマンション情報を探すときにも、建物のクオリ…Read more

関連リンク

BACK TO TOP